読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋と芝居と仕事とBLと

世の中のヒエラルキーに逆らって生きる

可愛い子入門

どうも、池田です。

カロンを失敗して、しなしなのマカロンになるはずだったものをもさもさと食べて、可愛くなくちゃなぁ、とあらためて思った池田です。

今回は可愛い至上主義について。

ふぇのたすの女の子入門を聴きながらどうぞ。

 

可愛くなきゃモテない。手にすら取ってもらえない。好きな人のセフレというバカみたいなポジションにすら上がれない。

カロンだってそう。色とりどり、まあるいフォルムに世界中の甘々を集めた様な味。愛されるために生まれてきたみたいなかんじ。

女の子として女の子らしく生きるためには絶対的に必要なものがある。

可愛いは正義、可愛いは絶対なのだ。

どうでもいい男から可愛いなんて思われても意味がないの。

自分のタイプの人から可愛いと思われなくちゃ、可愛いは成立しないから。

可愛いは、愛が可なんだから。

だけど今日可愛くても明日可愛いとは限らない。だから気を抜けない。

可愛くいるためには可愛いを信じていなきゃダメなの。

でも時々、あの子の方が可愛いって言いたくなる。隣の芝生はいつも青い。

そんな時に自分の可愛いを信じてくれる誰かがいたら、それだけで救われるんだよね。

だからわたしはそこにいるだけで愛される、可愛い女の子になりたい。

疑う隙もなく、可愛い子になりたい。

毎日鏡を見て、毎日絶望する日々はつらいので。

少しでも自分の可愛いところを見つけたら自慢したい。可愛いでしょ、ここって。

そんな風に少しずつ自分を騙して可愛がっている。いつかの誰かに愛されるために、それまで生きていなくちゃいけないから。

可愛い以前の絶対条件として、生きなくちゃいけない。わたしは出来たら生身のわたしを可愛がってほしい。肉声で、自分の耳で「可愛い」を聞きたい。

 

 わたしのように、可愛い可愛いおばけに取り憑かれてる人がいたら、どうか自分の信じている可愛いをずっと信じていてほしい。

 変わっていくこともたくさんあるし、歳もとるけれど、可愛いってきっともっと揺るぎないものだから。

君は可愛い。ずっと可愛い。もう入門してしまったなら突き進むしかないんだよね。

積極的に自分を可愛がっていこうね。いつかの誰かに愛されるために。